コーヒーを飲むと血圧はどうなる?

食後や仕事の合間にコーヒーを飲む人は少なくありません。多くの人が愛用しているコーヒーは、現在疫学的な研究が進んでいます。そして様々な研究報告が発表されています。コーヒーと健康の関係に関心を持つ人が多く、その研究内容に注目が集まっています。最近ではコーヒーと血圧に関する報告も出ています。コーヒーを飲むと血圧はどのように変化するのでしょうか。

継続的に飲んでも血圧にはあまり影響がない

コーヒーに含まれるカフェインによって、飲用直後はわずかに血圧が上昇することが知られています。高血圧の人がコーヒー3杯を一度飲んでも、収縮期血圧の上昇は平均で8mmHg程度といわれています。これは普通に食事を摂った後でも同じ位の血圧上昇があるので、コーヒーのが特別血圧を上げる要因とはなりません。また1日3~5杯を2週間続けても、血圧の変化はないというデータもあります。

これらのことから、「コーヒーを飲んだ直後は血圧はわずかに上昇するが、だからといって継続的に飲んでも血圧が高くなることはない」ということが最近の知見です。

カフェインが気になるなら、カフェインレスのコーヒーがおすすめです

コーヒーを飲んだ後はわずかに血圧が上がりますが、これはカフェインの影響によるものです。ただしカフェインの影響は個人差があるので、気になる場合はカフェインレスのコーヒーがおすすめです。

またコーヒーは植物由来の成分で、ナトリウムはほとんど含まれていません。継続的に飲んでも血圧にはあまり影響ないので安心ですが、飲みすぎには注意しましょう。

コーヒーを飲むと口臭が酷くなる?その原因と対処法

毎日の習慣でコーヒーを飲む方は多いと思います。しかし、コーヒーは気が付かないうちに、口臭の原因の一つとなっている場合があります。美味しいから、眠気覚ましの代わりにと、つい飲んでしまいがちなコーヒーですが、何故コーヒーが口臭の原因になってしまうのでしょうか。今回は、その原因と正しい対処法についてご紹介します。

コーヒーによる口臭の原因と対処法

コーヒーが口臭の原因となるのは、コーヒーに含まれている焙煎成分によるものです。この焙煎成分が舌に付着すると、舌苔という白い付着物となって舌に現れてきます。絶対は独特の臭いを発生させるもので、これが口臭の原因となります。コーヒーを多く飲めば飲むほど、舌苔も増えていき、口臭を悪化させてしまうのです。

コーヒーによる口臭を防ぐには、コーヒーを飲んだ後に水をすぐ飲むようにして、焙煎成分が舌苔にならないよう洗い流す方法が効果的です。舌苔は歯ブラシで軽く擦ると取り除けるので、コーヒーを飲んだ後に歯磨きをするのもおすすめの方法です。

コーヒーによる口臭は正しい方法で防ごう

いい匂いで美味しいコーヒーが口臭の原因になる、ということに気付いていない方は少ないと思います。最近口臭が気になる、という方は、もしかしたら日常的に飲んでいるコーヒーが原因かもしれません。

ただし、コーヒーによる口臭は正しい方法を知っていれば簡単に解消することができます。コーヒーを飲む習慣がある方は、正しい対処法で口臭を予防しましょう。

ハマる人続出!? 自宅で簡単、コーヒー焼酎の楽しみ方

コーヒー好きの中には、専門店で豆を買ったり挽いてもらったりするのが習慣になっているという人も少なくないのではないでしょうか。また、自宅でお酒をたしなむのが好きで、焼酎のいろいろな飲み方を試している人も多いかもしれません。そんなコーヒー好きの人にも焼酎好きな人にもぜひ試してもらいたいのが、コーヒー焼酎です。新しい味わいがクセになる人続出です。

準備するのはコーヒーと焼酎だけ!

コーヒー焼酎の作り方はいたって簡単、準備するのはコーヒー豆と焼酎だけです。1リットルの焼酎に対して50~100gのコーヒー豆をいれるレシピが一般的ですが、好みによってバランスを調節してもよいでしょう。焼酎に豆をつけると数日で沈んできて、3日~1週間程度でコーヒー焼酎の完成です。それ以上つけるとえぐみが感じられることもあるので注意しましょう。もう少し早く味わいたい場合は、挽いた粉を使います。約1日たったら紙でろ過して出来上がりです。

コーヒー焼酎で至福のひと時を

新しいコーヒーの味わい方を楽しみたい人にも、いろいろな焼酎の飲み方を試したい人にもピッタリなコーヒー焼酎。コーヒーの香りを感じつつ焼酎の味わいを堪能できるとあって、一度試したらやみつきになること間違いなしです。想像以上に美味しくて飲みやすいコーヒー焼酎は初めての漬け込み酒作りにもおすすめです。

手作りコーヒー焼酎の新しい味わいとともに至福のひと時を楽しみましょう。

相性が良いはちみつとコーヒーの組み合わせ

コーヒーを甘くしたいときには砂糖を入れるというのが一般的です。カロリーが気になる人はノンカロリーの甘味料を入れることもありますが、はちみつを入れているのも良い方法なので検討してみましょう。味わいや風味に違いが生まれるだけでなく、健康や美容にとっても良い効果を期待できます。種類によっても違いがあるので試しがいがあるでしょう。

美味しいだけでなく身体にも良い組み合わせ

コーヒーにはちみつを入れるというと面食らってしまう人もいますが、海外ではコーヒーに様々なフレーバーを入れることがよくあります。はちみつの風味はコーヒーに意外に合うという人も多いので試して見る価値があるでしょう。はちみにつにはビタミンやミネラルも含まれているので健康や美容にも良い効果を期待できます。はちみつにもアカシアやれんげ、みかんなどの様々な種類があるので、コーヒーと合わせて好みのパターンを探すと楽しみにできます。

試しにコーヒーにはちみつを入れてみよう

コーヒーにはちみつを入れるのは試してみると美味しいと感じる人も大勢います。コーヒーにもはちみつにも種類がたくさんあるので、様々な組み合わせで楽しむと嗜好品としてのコーヒーがより魅力的になります。少量のはちみつにもたくさんの栄養が含まれているため、身体にも優しいコーヒー習慣にすることができるでしょう。

コーヒーによるアレルギーの怖さ

コーヒーを朝から楽しんだり、仕事の合間に楽しんだりする人は多くいると思いますが。そんなコーヒーにアレルギーの物質があるとなったら、少し怖くなってしまいます。刺激が強いイメージはコーヒーにはあると思います。しかし、一体どのようなことが原因でコーヒーからアレルギーのような症状を引き起こされるのでしょうか。

コーヒーの効能とアレルギー

コーヒーを飲むと調子が悪くなるという人がいたらそれはコーヒーに対するアレルギーかもしれません。アレルギーとして医学的な認知はされていませんが、元からの体質でコーヒーにアレルギーを引き起こすというよりは遅発性の食物アレルギーのが高いです。

コーヒーにはいい効能もたくさんあります。具体的な効能としてはどんなものがあるかというとガンや糖尿病の予防、メタボリックシンドロームの改善やシミ予防です。しかし、アレルギーがないわけではないので飲みすぎにも注意が必要です。

コーヒーアレルギーの原因

コーヒーのアレルギーの原因はカフェインです。コーヒーには粉末タイプや顆粒タイプのインスタント、豆の状態のものなど様々なももが流通していますが、形状はアレルギーに関係なく、カフェインが含まれていることでアレルギーの症状を引き起こします。カフェインを摂取しすぎると体調不良を引き起こすのは、カフェインによって胃の不調や神経の刺激が起こされるからです。

コーヒーのカロリーは?ダイエット中でも大丈夫?

日常的にコーヒーを飲んでいる方もいると思いますが、そんなコーヒーのカロリーは知っていますか?最近ではダイエットにも効果があるとも言われてもいますが、本当にダイエット中にも飲んでいいのでしょうか?

今回はそんなコーヒーのカロリーや、なぜダイエットにも効果があるのかという事について書いていきます。毎日飲む物だからこそ、しっかりと理解して飲みましょう。

コーヒーのカロリー、飲み方による違い

まず知っておいて欲しい事は、実はコーヒー自体のカロリーはごくわずかしかありません。コーヒー100g(100ml)当たりで約4カロリー、コーヒー1杯が200mlだとすると約8カロリーです。しかし飲み方によってはカロリーが大きく変わります。

コーヒー1杯に対し、ミルクを入れると約20カロリー、砂糖を入れると約31カロリー、両方入れると約43カロリーにもなってしまいます。

また煎茶(100gあたり約2kcal)や紅茶(100gあたり約1kcal)に比べると、わずかですがコーヒーの方がカロリーが高くなっています。

ダイエットには他の飲み物の方がいい?

カロリーだけを見ると煎茶や紅茶の方が少ないので、ダイエット中に飲むのはコーヒーでない方が良く思えるかもしれません。しかしダイエットにはコーヒーがおすすめです。コーヒーにはカフェインやクロロゲン酸という成分が含まれており、これらの成分は脂肪の燃焼を補助してくれる役割を持っているのです。飲みすぎには注意が必要ですが、できるだけブラックに近い飲み方をする事でコーヒーはダイエットの助けにもなってくれます。

コーヒーのカフェインによる健康効果

コーヒーは大人の飲み物のイメージがあり、カフェインが入っているところから体に悪いと考えている人もいるようです。色々な研究結果によると体に良い部分が見つかっていて、生活習慣病の予防になったり、ダイエットをするときにも効果が得られるとされています。

どんな飲み方をしたら良いのかなどを知っておくと、より効果的に利用できるでしょう。

適度な量を定期的に飲むと良い

コーヒーの代表的な成分としてカフェインがあり、眠気を覚ますための効果が知られています。それ以外には、血行を促進する効果があります。生活習慣病では血行が悪くなるのが原因になるときもあるので、予防としてコーヒーを適度に飲むと良いかもしれません。

ダイエットの効果もあるとされています。ただし飲み過ぎは良くないとされます。1日に飲むと良いのはコーヒーカップに3杯から4杯までです。飲み過ぎると逆効果になるときもあるので注意しましょう。

健康効果を知って利用

コーヒーのカフェインには健康効果があるので、積極的に飲むと良いでしょう。毎食後に飲んだり、休憩の時に飲むと眠気なども取れてよいかもしれません。ただたくさん飲めばその分より健康になれるわけではなく、飲み過ぎは逆に体に良くありません。適度な摂取量があるので、それを守りながら毎日続けて飲むようにすると良いでしょう。

コーヒーダイエットの効果と飲むタイミング

コーヒーダイエットという言葉を聞いたことがある人も多いと思いますが、実際にどのような効果があるのか、コーヒーを飲む時間帯やタイミングなどがあるのかなど疑問を持つ人もいる人もいるでしょう。

ここでは、コーヒーダイエットの効果や飲み方などを詳しく説明していきます。普段からコーヒーを飲む人なら、その飲み方をちょっと変えるだけで効果が違ってくるかもしれません。

コーヒーに含まれるダイエット効果がある成分と飲み方

コーヒーにはカフェインのほかに、ポリフェノールの一種でもあるクロロゲン酸が含まれています。この二つが脂肪燃焼を手助けしたり、血行を促進したりすることによってダイエット効果を得ることが出来ます。

飲み方は、一日三杯食事の後や運動の前にブラックコーヒーをホットで飲むのが効果的です。もちろんブラックやホットでなくとも構いませんが、効果は少し落ちてしまいます。しかし、ダイエットは続けることが大切ですので、自分の飲みたい方法で飲むほうがよいでしょう。

他にもまだあるコーヒーのうれしい効果

コーヒーダイエットには、カフェインとクロロゲン酸以外にもダイエット効果が見込めるものがあります。それは強い香りです。コーヒーの香りにはリラックス効果があるので、ダイエットや日ごろのストレスで疲れた心を癒してくれます。このように、コーヒーが好きな人なら少し飲み方を変えるだけでストレスフリーでダイエットすることができます。

コーヒーとの効果的なつきあい方

以前、コーヒーが健康について有害な飲み物であると言われていた時期があり、タバコと同様の扱いを受けていた時期もありました。近頃では、「コーヒーの心や身体に関する良い効果」が見直されて来ています。実際、コーヒーにはどのような良い効果があるのでしょうか?また、どのような飲み方をすれば一番効果的なのでしょうか。

コーヒーの様々な効果

コーヒーにはポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールには脂肪をつきにくくするダイエット効果、シミやシワを予防するアンチエイジング効果があります。また、コーヒーにはカフェインが含まれており、中枢神経を刺激する事による覚醒効果(眠気防止)や血管の収縮を促進させることによる二日酔いや偏頭痛の軽減させる効果があります。

コーヒーを1日3~5杯飲むことで
うつ病やガン(特に肝臓)を予防できるという報告もあります。

コーヒーの効果的な飲み方

コーヒーの効果が最高に出やすい飲み方は、ずばり「ブラック」でそのまま飲むことです。ただ、ポリフェノールには胃酸が出やすくする働きがあるので、胃が荒れるように感じるなら、牛乳を混ぜて飲むか空腹時は避けて食後に飲むことがおすすめです。

1日に3~5杯程度飲むことがよいとされていますが、妊娠されているかたなどはカフェインの摂取量には気をつけましょう。自分の身体と相談しながら上手にコーヒーを楽しみましょう。

コーヒーの飲み過ぎは危ない!!

皆さんはいつもどれぐらいコーヒーを飲んでいるでしょうか?

とても美味しいので、ついつい飲みすぎてしまう方も多いかもしれません。しかし、コーヒーの飲みすぎによって体を壊してしまう可能性もあるのです。ここでは、コーヒーを飲み過ぎるとどんなことが危ないのか、飲みすぎってどれぐらいのことを言うのかについてお話していきたいと思います。

そもそもコーヒーを飲みすぎると何が起こる……?どれぐらいなら飲んでも大丈夫……?

コーヒーにカフェインが含まれていることは、みんな知っている周知の事実だと思います。では、コーヒーの飲み過ぎってどれぐらいのことをいうのでしょう?実は結構許容目安は少なく、(健康な成人の)カフェインの許容目安は400gです。

それは、大体コーヒーカップ5杯程度に相当します。それ以上飲んでしまうと、不眠症、頭痛、イライラ、脱水症状、緊張感を引き起す可能性も出てきます。また、カフェイン中毒になると、最悪死んでしまうこともあるのです。

コーヒーの飲み過ぎに注意ながらコーヒーを楽しく飲みましょう

しかし、コーヒーには魅力もたくさんあります。美味しいですし、仕事で気合を入れるためにコーヒーを飲んでいる方もいるでしょう。コーヒーは飲み過ぎなければとても良い飲み物です。適当な量の摂取は体にも良いと言われています。

その反面、先程お伝えしたように、飲みすぎはとても危険なので一日5杯以上は飲まないようにしましょう。安全に楽しく飲みことが大切だと思います。

私は普段からフィットライフコーヒーというのを飲んでいます。難消化性デキストリンが含まれていてカフェイン量も通常の半分なんですよ!食事中に飲むことで血糖値対策出来るとあって話題な商品です。カフェイン量も少ないということは同等の量を飲んでもフィットライフコーヒーは副作用が少ないといえますからね~。

みなさんも飲んでみては?15年くらい大ヒット商品らしいですよー。