コーヒーとの効果的なつきあい方

以前、コーヒーが健康について有害な飲み物であると言われていた時期があり、タバコと同様の扱いを受けていた時期もありました。近頃では、「コーヒーの心や身体に関する良い効果」が見直されて来ています。実際、コーヒーにはどのような良い効果があるのでしょうか?また、どのような飲み方をすれば一番効果的なのでしょうか。

コーヒーの様々な効果

コーヒーにはポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールには脂肪をつきにくくするダイエット効果、シミやシワを予防するアンチエイジング効果があります。また、コーヒーにはカフェインが含まれており、中枢神経を刺激する事による覚醒効果(眠気防止)や血管の収縮を促進させることによる二日酔いや偏頭痛の軽減させる効果があります。

コーヒーを1日3~5杯飲むことで
うつ病やガン(特に肝臓)を予防できるという報告もあります。

コーヒーの効果的な飲み方

コーヒーの効果が最高に出やすい飲み方は、ずばり「ブラック」でそのまま飲むことです。ただ、ポリフェノールには胃酸が出やすくする働きがあるので、胃が荒れるように感じるなら、牛乳を混ぜて飲むか空腹時は避けて食後に飲むことがおすすめです。

1日に3~5杯程度飲むことがよいとされていますが、妊娠されているかたなどはカフェインの摂取量には気をつけましょう。自分の身体と相談しながら上手にコーヒーを楽しみましょう。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*