コーヒーを飲むと口臭が酷くなる?その原因と対処法

毎日の習慣でコーヒーを飲む方は多いと思います。しかし、コーヒーは気が付かないうちに、口臭の原因の一つとなっている場合があります。美味しいから、眠気覚ましの代わりにと、つい飲んでしまいがちなコーヒーですが、何故コーヒーが口臭の原因になってしまうのでしょうか。今回は、その原因と正しい対処法についてご紹介します。

コーヒーによる口臭の原因と対処法

コーヒーが口臭の原因となるのは、コーヒーに含まれている焙煎成分によるものです。この焙煎成分が舌に付着すると、舌苔という白い付着物となって舌に現れてきます。絶対は独特の臭いを発生させるもので、これが口臭の原因となります。コーヒーを多く飲めば飲むほど、舌苔も増えていき、口臭を悪化させてしまうのです。

コーヒーによる口臭を防ぐには、コーヒーを飲んだ後に水をすぐ飲むようにして、焙煎成分が舌苔にならないよう洗い流す方法が効果的です。舌苔は歯ブラシで軽く擦ると取り除けるので、コーヒーを飲んだ後に歯磨きをするのもおすすめの方法です。

コーヒーによる口臭は正しい方法で防ごう

いい匂いで美味しいコーヒーが口臭の原因になる、ということに気付いていない方は少ないと思います。最近口臭が気になる、という方は、もしかしたら日常的に飲んでいるコーヒーが原因かもしれません。

ただし、コーヒーによる口臭は正しい方法を知っていれば簡単に解消することができます。コーヒーを飲む習慣がある方は、正しい対処法で口臭を予防しましょう。

SNSでもご購読できます。

Leave a Reply

*