コーヒーの飲み過ぎは危ない!!

皆さんはいつもどれぐらいコーヒーを飲んでいるでしょうか?

とても美味しいので、ついつい飲みすぎてしまう方も多いかもしれません。しかし、コーヒーの飲みすぎによって体を壊してしまう可能性もあるのです。ここでは、コーヒーを飲み過ぎるとどんなことが危ないのか、飲みすぎってどれぐらいのことを言うのかについてお話していきたいと思います。

そもそもコーヒーを飲みすぎると何が起こる……?どれぐらいなら飲んでも大丈夫……?

コーヒーにカフェインが含まれていることは、みんな知っている周知の事実だと思います。では、コーヒーの飲み過ぎってどれぐらいのことをいうのでしょう?実は結構許容目安は少なく、(健康な成人の)カフェインの許容目安は400gです。

それは、大体コーヒーカップ5杯程度に相当します。それ以上飲んでしまうと、不眠症、頭痛、イライラ、脱水症状、緊張感を引き起す可能性も出てきます。また、カフェイン中毒になると、最悪死んでしまうこともあるのです。

コーヒーの飲み過ぎに注意ながらコーヒーを楽しく飲みましょう

しかし、コーヒーには魅力もたくさんあります。美味しいですし、仕事で気合を入れるためにコーヒーを飲んでいる方もいるでしょう。コーヒーは飲み過ぎなければとても良い飲み物です。適当な量の摂取は体にも良いと言われています。

その反面、先程お伝えしたように、飲みすぎはとても危険なので一日5杯以上は飲まないようにしましょう。安全に楽しく飲みことが大切だと思います。

私は普段からフィットライフコーヒーというのを飲んでいます。難消化性デキストリンが含まれていてカフェイン量も通常の半分なんですよ!食事中に飲むことで血糖値対策出来るとあって話題な商品です。カフェイン量も少ないということは同等の量を飲んでもフィットライフコーヒーは副作用が少ないといえますからね~。

みなさんも飲んでみては?15年くらい大ヒット商品らしいですよー。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*